高知市の車庫証明について行政書士が解説【全国の販売店様向け】

自動車販売店様

高知市のお客様の車庫証明を取得したいけど、手続きはどうしよう?
遠方でいけないから、信頼できる行政書士に依頼したいなぁ。

行政書士うえた

高知市では、普通車の場合は車庫証明が必要です。(土佐山・鏡地域を除く)
また軽自動車でも、車庫証明が必要です。(土佐山・鏡・春野町地域を除く)
高知市の車庫証明の申請先は、高知警察署・高知南警察署・高知東警察署の3つの管轄に分かれています。
この記事を読めば、ご成約者様の駐車場所が車庫証明が必要な地域か、どの警察署の管轄か、すぐにわかります!

高知の車庫証明 6,600円(税込)から承ります。

料金表

対応地域管轄の警察署料金(税込)
高知市高知警察署
高知東警察署
高知南警察署
6,600円
土佐市・いの町土佐警察署7,700円
南国市・香美市・香南市南国警察署9,900円
須崎市・梼原町・中土佐町須崎警察署9,900円
佐川町・越知町・仁淀川町佐川警察署9,900円

※上記以外の地域は別途お見積りまたは提携事務所をご紹介いたします。
 上記料金のほかに、普通自動車では2,700円・軽自動車は500円の法定費用がかかります。

高知県全域の車庫証明については詳細記事をご用意しています、あわせてご覧ください。

目次

高知市で車庫証明の手続きが必要な地域|普通車か軽自動車かによって違う

車庫証明は自動車の保管場所の住所によって、「車庫証明が必要かどうか」が変わります。
手続きが必要かどうかは、この記事を参考におこなえば大丈夫です。

車庫証明が必要かの判断方法
  1. お客様が購入された車は、普通車軽自動車
  2. 車の保管場所は、車庫証明が必要な地域に該当するか

車庫証明が必要かの判断方法が複雑になっていますが、この記事では詳細に解説しています。
(平成12年の時点で市・町だった地域のみ車庫証明が必要なため)

保管場所の確保を証する書面の提出等、保管場所標章等の規定の適用地域
2 法附則第二項の政令で定める地域は、次の各号に掲げる自動車の区分に応じ、それぞれ当該各号に定める特別区及び市町村の区域とし、その区域は、平成十二年六月一日における区域とする。

自動車の保管場所の確保等に関する法律施行令

また車庫証明については、高知県警察の車庫証明に関するページもご確認ください。

高知市で普通車の車庫証明が必要なのは、旧土佐山村・旧鏡村を除く地域

高知市で普通車の車庫証明が必要になるのは、旧土佐山村・旧鏡村を除く地域です。

お客様の駐車場所の住所のうち、「高知市」の次に「土佐山」「鏡」が無ければ普通車の車庫証明が必要です。
旧土佐山村・旧鏡村の地域の住所は、「高知市」の次に、「土佐山」「鏡」が付きます。

「鏡村「土佐山村」を「高知市」に置き換え、大字に旧村名」を冠する。

高知県市町村振興課HP「合併市町の町名・字名の取扱いはこちら」

高知市で軽自動車の車庫証明が必要なのは、旧土佐山村・旧鏡村・旧春野町を除く地域

高知市で軽自動車の車庫証明が必要なのは、旧土佐山村・旧鏡村・旧春野町を除く地域です。
(正確には「保管場所の届け出」)

お客様の駐車場所の住所で、「高知市」の次に「土佐山」「鏡」「春野町」が無ければ、軽自動車の車庫証明が必要です。
旧土佐山村・旧鏡村・旧春野町の地域の住所は、「高知市」の次に、「土佐山」「鏡」「春野町」が付きます。

高知市の警察署は3つの管轄に分かれている|申請先の判断方法

高知市の車庫証明の手続きは、高知警察署・高知南警察署・高知東警察署の3つの管轄に分かれています。
「ctrl+F」で記事内の検索をご利用ください。

高知警察署の管轄地域|高知市の車庫証明の申請先

高知警察署の管轄地域は以下のとおりです。
なお旧鏡村の地域では普通車・軽自動車ともに車庫証明は必要ありません。
(住所の「高知市」の次に「鏡」が付きます。)


(あ行)
相生町、青柳町、赤石町、旭駅前町、旭上町、旭天神町、旭町、愛宕町、愛宕山、愛宕山南町、井口町、和泉町、伊勢崎町、稲荷町、入明町、岩ヶ淵、宇津野、永国寺町、駅前町、越前町、海老ノ丸、円行寺、大川筋、大谷、追手筋、小倉町、小津町、帯屋町

(か行)
加賀野井、上本宮町、上町、北金田、北川添、北久保、北御座、北秦泉寺、北端町、北八反町、北本町、九反田、口細山、弘化台、江陽町、寿町

(さ行)
幸町、菜園場町、堺町、栄田町、相模町、桜井町、桜馬場、佐々木町、三ノ丸、塩田町、東雲町、柴巻、下島町、城北町、昭和町、城見町、新本町、新屋敷、水源町、水通町、杉井流

(た行)
大膳町、鷹匠町、高そね、宝町、玉水町、知寄町、塚ノ原、唐人町、通町、鳥越

(な行)
長尾山町、中久万、中秦泉寺、中水道、中須賀町、中の島、中宝永町、中万々、七ツ淵、縄手町、西久万、西秦泉寺、西塚ノ原、西町、廿代町、農人町

(は行)
秦南町、八反町、はりまや町、東久万、東秦泉寺、尾立、比島町、一ツ橋町、日の出町、福井扇町、福井町、福井東町、札場、二葉町、平和町、宝永町、洞ケ島町、本宮町、本丁筋、本町

(ま行)
前里、升形、万々、丸池町、丸ノ内、三園町、三谷、みづき、みづき山、南金田、南川添、南久保、南久万、南御座、南はりまや町、南宝永町、南万々、南元町、宮前町、元町

(や行)
山手町、山ノ端町、弥生町、横内、吉田町、与力町

(ら行)
蓮台

(わ行)
若松町

高知南警察署の管轄地域|高知市の車庫証明の申請先

高知南警察署の管轄地域は以下のとおりです。
なお旧春野町の地域では、普通車の車庫証明が必要です。
軽自動車の場合は車庫証明は必要ありません。
(住所の「高知市」の次に「春野町」が付きます。)

(あ行)
曙町、朝倉、朝倉西町、朝倉東町、朝倉本町、朝倉南町、朝倉横町、石立町、鵜来巣、潮新町、梅ノ辻、浦戸、大谷公園町、大原町

(か行)
鴨部、鴨部上町、鴨部高町、唐岩、北新田町、北高見町、北竹島町、北中山、小石木町、幸崎、神田、河ノ瀬町

(さ行)
桟橋通、塩屋崎町、城山町、上里、新田町、瀬戸、瀬戸西町、瀬戸東町、瀬戸南町、宗安寺

(た行)
高見町、竹島町、天神町、土居町

(な行)
仲田町、長浜、長浜蒔絵台、長浜宮田、行川

(は行)
萩町、孕西町、孕東町、針木北、針木西、針木東町、針木本町、針木南、針原、春野町秋山、春野町内ノ谷、春野町甲殿、春野町西畑、春野町西分、春野町西諸木、春野町東諸木、春野町仁ノ、春野町弘岡、春野町平和、春野町南ケ丘、春野町森山、春野町芳原、東石立町、東城山町、筆山町、百石町、深谷町

(ま行)
槙山町、南河ノ瀬町、南新田町、南竹島町、南中山、南ノ丸町、御畳瀬

(や行)
役知町、横浜、横浜新町、横浜西町、横浜東町、横浜南町

(ら行)
領家、六泉寺町

(わ行)
若草町、若草南町

高知東警察署の管轄地域|高知市の車庫証明の申請先

高知東警察署の管轄地域は以下のとおりです。
なお旧土佐山村の地域では、普通車・軽自動車ともに車庫証明は必要ありません。
(住所の「高知市」の次に「土佐山」が付きます。)

(あ行)
薊野、薊野北町、薊野中町、薊野西町、薊野東町、薊野南町、池、一宮、一宮しなね、一宮徳谷、一宮中町、一宮西町、一宮東町、一宮南町、大津

(か行)
葛島、吸江、久礼野、介良、五台山

(さ行)
潮見台、重倉

(た行)
高須、高須大島、高須大谷、高須新木、高須新町、高須砂地、高須絶海、高須西町、高須東町、高須本町、種崎、十津

(な行)
仁井田、布師田

(や行)
屋頭

高知市の警察署まで行けない場合は、行政書士にご相談ください

高知県外の販売店・ディーラー様など、高知市内の警察署に行けない場合は、ぜひ行政書士にご相談ください

ただし、行政書士以外の人が報酬を得て車庫証明の手続きを代行した場合は、行政書士法違反となります。

行政書士は、他人の依頼を受け報酬を得て、官公署に提出する書類、その他権利義務又は事実証明に関する書類を作成することを業とする。

行政書士法 第一条の二

高知の車庫証明 6,600円(税込)から承ります。

料金表

対応地域管轄の警察署料金(税込)
高知市高知警察署
高知東警察署
高知南警察署
6,600円
土佐市・いの町土佐警察署7,700円
南国市・香美市・香南市南国警察署9,900円
須崎市・梼原町・中土佐町須崎警察署9,900円
佐川町・越知町・仁淀川町佐川警察署9,900円

※上記以外の地域は別途お見積りまたは提携事務所をご紹介いたします。
 上記料金のほかに、普通自動車では2,700円・軽自動車は500円の法定費用がかかります。

高知市の警察署に提出する車庫証明の書き方は?

車庫証明の手続きでは、普通自動車と軽自動車で必要書類が異なります

申請書の様式は、高知県警のHPからダウンロードできます。
※必要な書類等は、各警察署の窓口でも無料配布しています。

また、書類の様式は全国の警察で共通です。
高知県警以外の警察の様式に記入している場合でも、申請可能です。
様式は当サイトの「様式ダウンロード」からも、ダウンロードできます。

また車庫証明の申請には、手数料がかかります。
普通自動車の場合は、①申請手数料2,200円と②保管場所標章交付手数料500円がかかります。
軽自動車の場合は、保管場所標章交付手数料500円のみです。
普通自動車と軽自動車で、手続きに必要な金額が変わるのでご注意ください。

車種申請にかかる手数料
普通自動車2,700円
軽自動車500円

普通車の車庫証明を申請する場合に必要な書類

普通自動車の車庫証明申請で必要な書類は、自動車保管場所証明申請書、保管場所標章交付申請書、保管場所の所在図・配置図、土地使用の権原書です。

普通車の車庫証明を取得する際に必要な書類
  1. 自動車保管場所証明申請書(2通)
  2. 保管場所標章交付申請書(2通)
  3. 保管場所の所在図・配置図
  4. 土地使用の権原書(aもしくはbが必要)
     a. 自認書(保管場所使用権原疎明書面)
     b. 土地又は建物を保有者(管理者)等から借用していることを証明する書面

車庫証明の申請手数料2,200円が、申請時にかかります。
保管場所標章交付手数料500円は、保管場所標章交付時に徴収されます。

軽自動車の保管場所を届け出る場合に必要な書類

軽自動車の車庫証明で必要な書類は、自動車保管場所届出書、保管場所標章交付申請書、保管場所の所在図・配置図、土地使用の権原書です。

軽自動車の車庫証明を取得する際に必要な書類
  1. 自動車保管場所届出書(1通)
  2. 保管場所標章交付申請書(2通)
  3. 保管場所の所在図・配置図
  4. 土地使用の権原書(aもしくはbが必要)
     a. 自認書(保管場所使用権原疎明書面)
     b. 土地又は建物を保有者(管理者)等から借用していることを証明する書面

軽自動車の場合は、届出の時に手数料はかかりません
保管場所標章交付手数料500円は、保管場所標章交付時に徴収されます。

さいごに

ここまで、高知市で自動車の車庫証明を取得方法について、解説しました。

この記事のまとめ

「車庫証明が必要、でも警察に行けない!」という方は、ぜひこの記事を参考に行政書士にご依頼ください。

高知の車庫証明 6,600円(税込)から承ります。

料金表

対応地域管轄の警察署料金(税込)
高知市高知警察署
高知東警察署
高知南警察署
6,600円
土佐市・いの町土佐警察署7,700円
南国市・香美市・香南市南国警察署9,900円
須崎市・梼原町・中土佐町須崎警察署9,900円
佐川町・越知町・仁淀川町佐川警察署9,900円

※上記以外の地域は別途お見積りまたは提携事務所をご紹介いたします。
 上記料金のほかに、普通自動車では2,700円・軽自動車は500円の法定費用がかかります。

この記事を書いた人

植田 真行のアバター 植田 真行 行政書士

当事務所HPをご覧いただき、ありがとうございます。
行政書士の植田真行(うえたまさゆき)と申します。

高知県は県土が広く、また公共交通網が乏しいことから、自家用・事業用車両の需要が多い土地柄となっています。
車庫証明の手続きについても、私ども地元の行政書士へ全国の自動車販売店様からご依頼がございます。

微力ではありますが、全国のお客様にお力添えできるよう、今後とも尽力する所存です。

目次